SSブログ

九の近況です。 [小説]

九の近況です。

4月に「第52回ENEOS童話賞」に初めて2作の童話を応募しました。一つの作品はしばらく前に興にまかせて書いたものです。もう一つは今回応募を意識して書きました。最近は道化師として子供と遊べないので、童話で子供の想像力に挑戦しようと考えました。意識したのには「なるべく書かないで、子供が書き込める余白をたくさん作る」こと。これがなかなか難しい。ついつい書き込みすぎてしまう。2つの作品は果たして子供に気に入ってもらえるかな。えっ、 選ぶのは大人ですって? 

「第52回ENEOS童話賞」(締め切りは5月31日です。まだ間に合いますよ)
https://style.ehonnavi.net/ehon/eneos/2021/03/03_001.html

「第16回千代田文学賞」にも応募しました。今回で3回目です。前回の反省を踏まえて余裕を持って書き進めたはずが、結局は締め切りの前日にほぼ徹夜で書き上げました。懲りない奴です。2匹目のドジョウならぬ2匹目の鯉は難しいか。

そうそう「ブックショート」の3月期優秀賞に選ばれました。この賞は、童話、民話、昔話、それにパブリック・ドメイン(著作権がすでに消滅した)の小説をもとにしたショートショート(5000字以内)の作品を募集しています。毎月、優秀賞が数作ずつ選ばれ、その中から年間の大賞が選ばれます。大賞に選ばれるとショートフィルムの原作にもなる可能性があるそうです。私はここ数年3月にしか出せていません。今回は書いている途中も応募する際にも「これは愚作ではないか?」という考えがよぎりました。愚作と思っても最後まで書く。そしてとにかく応募する。恩師の西田先生は「いつも傑作というわけにはいかないよ」と言ってくださいました。愚作を怖れず書きなさいということだと思います。とりあえず今年も月の優秀賞に選ばれてよかった。
『人間ドッグ』という作品です。よろしければこちらでどうぞ。

「ブックショートアワード2020年度3月期優秀作品」 『人間ドッグ』高平 九
https://bookshorts.jp/novel202103/4/

『ココア共和国』への詩の投稿も続けています。中学のときから詩を書いていて、詩を書くこと自体は特別なことではありません。もちろん数ヶ月、あるいは数年も書けないこともありました。でも、詩を書かなきゃいけない思ったことは一度もありません。それでも最近少し意識してきたかな。ずっと家に引きこもっていた人が、外に出る機会が増えて身だしなみに気を遣うようになったような感じです。ただ、今も投稿しなければというプレッシャーはあまりなくて何となく生まれてきた詩を投稿しています。傑作集に選ばれると紙版・電子版両方の詩誌に掲載されます。佳作集に選ばれると電子版のみに掲載されます。傑作集にはなかなか選ばれませんけど、佳作集には毎回選んでいただいて、才能ある若い人たちと自分の詩が並んでいることを純粋に楽しんでいます。秋吉久美子さんに「こりゃいいね」なんてもらおうものなら「キャッホー!」と声を上げて大喜び。それにしてもアマチュアとはいえ、いい詩を書く人がたくさんいますよ。きっとあなたの感性に寄り添う詩があると思います。ぜひ読んでみてください。紙版はイラストも可愛いので、バッグやポケットに入れて電車で取り出して読んだりしているとかなりおシャレだと思います。「『ココア共和国』お好きなんですか?」なんて声かけられたりするかも(笑)

5月号は珍しく傑作集に選ばれました。『殺され屋の憂鬱』という詩です。秋吉久美子さんの「こりゃいいね!」もいただきました。「キャッホー!」です。

紙版はAmazonで購入できます。電子版もAmazonなど電子書店に購入できます。また「ココア共和国」のサイトからは紙版・電子版どちらも購入できます。

「ココア共和国」 ココアショップ
https://www.youyour.me/cocoa-shop

先日、その『ココア共和国』のお仲間がTwitterで資生堂主催の「『詩』を探しています」という賞を紹介していました。そのときたまたま書いていた詩がその賞の趣旨にふさわしいと感じたので2作応募してみました。

「『詩』を探しています」
https://hanatsubaki.shiseido.com/jp/column2/12108/

そして、今は「第20回このミステリーがすごい!大賞」への応募作を書いているのですが、これがまた遅々として進まないのです。

来月6月20日は「第101回オール讀物新人賞」の締め切りです。この賞は今年から時代小説の短編に特化したので、「このミス」と並行して書いている作品を何とか書き上げて応募したいと思っています。

あれ? 座・劇列車『やまんば おゆき』の稽古も始まるし結構忙しいぞ。大丈夫かなあ。皆さん、こんな私ですが応援よろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

落選の思い出 [小説]

この1月にも地方文学賞のB文学賞に落選しました。

連敗が続いています。なんでそんな情報を発信するのかと思う方もいるでしょうね。

私がインターネットの前身である「パソコン通信」をしているときに、教えてもらったことがあります。

「どんな情報であっても必要な人はいる」

ですから、文学賞落選の情報もお知らせしようと思います。

それにしても、B文学賞には9318作品の応募があったそうです。複数応募が可能ということで、作家の人数は6061名

ショートショート(4000字)という気安さもあるのでしょうけど、ものすごい応募数ですね。

9318作品の応募作の中から最終選考に残ったのはたったの6作品。作家数でいうと約千倍ということになります。候補に残った皆さんおめでうございます。

2月下旬の表彰式ではじめて大賞1作と佳作5作が発表されるそうです。連絡が来てから1ヶ月間は自分が大賞なのか佳作なのか分からないというのはつらいでしょうね。そのドキドキを味わいたかったような味わいたくなかったような……。やっぱり一度くらい味わってみたい(笑)

B文学賞は作家の年代別応募者数も発表してくれます。それによると、いちばん多いのが20代2651名でした。Twitterを見ると、字数制限のある中できちんと気持ちや考えを伝えている若者も多いので、そういう人にとってはちょうどいい長さなのかもしれません。

私も昨年から『ココア共和国』という詩誌に投稿していますけど、やはり若い詩人の方がたくさん応募しています。詩にしてもショートショートにして、若い人が自分の内面を表現するのには手頃な長さなのかもしれません。彼らの思いの純粋さやひりひりするような感性にたくさんの刺激をもらっています。

若者のだけではありません。60代以上の作家も1507名いました。

60代から上の人は、子供の頃に星新一、小松左京、筒井康隆などのショートショートの名手の洗礼を受けているはずですから、それを思い出して書きたいと思う人も多いのかな。私は特にフレドリック・ブラウンが好きで、中学生の頃にブラウンの作品を真似てショートショートみたいなものを書いていました。

今から30年近く前に「パスカル短編文学新人賞」という変わった文学賞がありました。第1回は川上弘美さんが『神様』という作品で大賞に選ばれました。『神様』はとても素敵な作品で、今では教科書にも掲載されています。その第3回の最終選考に私の作品も残りました。

当時はまだインターネットではなく「パソコン通信」と呼ばれていた時代でした。文学賞の応募も郵送が普通でしたから、メールで応募できる「パスカル短編文学新人賞」は当時としては画期的な文学賞でした。

さらに透明性を重んじるために、応募作品すべてに審査員が点数をつけて短い評もいただくことができます。審査員の1人は筒井康隆先生でしたから、多くの筒井ファンが応募していました。この時、私は80点という点数をいただきました。確か川上さんが受賞した時の点数が82点だったので、大喜びしたことを覚えています。筒井先生が80点以上をつけたのは私ともう1人だけで、私の作品が最高点でした。他の審査員の点数もおおむね良く、応募者も互いの作品の批評をするのですが、その評価も悪くはなかったので、私は密かに期待していました。

応募総数は172作品。最終選考に残ったのは14作でした。

この賞の最終選考は有楽町マリオンで公開されました。壇上に審査員が並び、最終選考に残った作品について審査するのです。

ところが私の作品の番になった時に、筒井先生が開口一番「この作品は読み直してみたらそれほど良くなかった」とおっしゃったのです。私は椅子からずり落ちそうになりました。

後ろに座っていた若い女性たちが「かわいそう」と漏らすのが聞こえました。

しばらくは笑い話として人にも話し、自分でも大したことはないと思っていました。しかし、それ以降、全く小説が書けなくなりました。4年前に定年退職するまで、劇団で上演するための脚本を書きましたが、小説は書けませんでした。おそらく自分でも知らないうちにをやられていたのだと思います。

今さらですけど、悔しいときには悔しい、悲しいときには悲しいと表現するべきだったなと思います。自分はもっと強いはずだと虚栄を張ると、結局はを食われます。

だから、ああ悔しい。B文学賞もだめだった。くそっ!

と言わせてください(笑い)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二次選考落ちました [小説]

Y新人賞の二次選考落ちました。

甘くないですね。

103作中27作品が二次選考を通過したそうです。

とても気に入っていた作品なのでゆっくりと「供養」しました。

私が造形した物語と人物は世に出ることができませんでした。せめて私が書いた者の責任として丁寧に読んであげたい。それが「供養」です。

読み直してみると欠点だらけでした。このままでは物語と登場人物に申し訳ないので、書き直して他の文学賞にも応募してみたいと思います。

相変わらずスランプは続いています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

うーん書けない [小説]

小説が書けない。

昨年の8月までは好調だった。出来不出来はともかく3本の中長編と4本の短編を書いた。それが9月から全く書けない。なまじ賞など獲ったのが悪かったのか。受賞は「まだ書いていいよ」という何者かからのメッセージだと思った。少しでも多くの人に自分が作った人物と物語について知ってもらいたいと感じた。それなのに肝心の書く作業が止まった。

明日は二次選考の結果が出る。そろそろ短編の賞も発表になるはずだ。これまでは応募した賞の発表前他の賞に応募するようにしていた。「これが落ちても次がある」と思えるからだ。そろそろ書かないとそれが途切れてしまう。1月末締め切りの文学賞は多い。何とかつなげたいものだ。

小説を書きたい人は多い。人の人生に同じものは1つもない。ある程度の年齢に達すれば自分の波乱に富んだ人生を書いてみたいと思うのは至極当然なことだ。

だが、実際に小説の最初の一行を書き始める人はとても少ない。さらにその小説の最終行に「了」と書き込んだ経験のある人はわずかしかいないだろう。

作家の宮本輝が小説を書くコツについて「上手に思い出すこと」だと書いているのを何かで読んだことがある。

自分が経験したことの中にすべての答えはある。ただし、それをそのまま書こうとするとうまくいかない。それが挫折の大きな原因の一つだと思う。確かに経験したことなのに、それを文章として表現しようとする何かが違う。多くの人はそれを自分の文章力のせいだと思って諦めてしまうけれど、実は思い出し方にこそ挫折の要因はある。

例えば、かつて誰かが言った言葉が胸に深く刻まれていたとする。だが、脚本や小説の台詞のように語る人は少ない。その人もおそらくは訥々とあれこれ回り道をして語ったはずである。また周囲の状況もけしてその内容にふさわしかったとは限らない。

そのときの感銘を真に描写しようとすれば、当然だが余計な言葉や状況は捨てて、逆に内容を際立たせるような演出を加える必要がある。真面目な人ほど事実をそのまま書こうと拘るけれど、事実に虚構を混ぜることではじめて真実を描くことができる。書きたいのは事実なのか真実なのか。もしも誰かに言われた言葉がいかに心に響いたかを書きたいなら、事実をそのまま書いたのではそのときの感銘、つまり真実を捉えることは難しい。

中学1年の美術の時間に、校舎の外に出てスケッチをやった。私は学校のフェンスの外にある赤い屋根の家が気に入ってそれを写していた。美術の先生が私の絵を覗き込んで「あの家が描きたいんだろう。フェンスとか木が邪魔だったら描かなくてもいいんだぞ」と言った。当たり前の助言なのかもしれない。しかし、その言葉は私を何かから解き放してくれた。美術部に入って抽象画を描くようになったのはそれがきっかけだった。

真実を描きたければ事実に拘る必要はない。この考え方は作者と作品を自由にする。

それにしてなぜ小説が書けないのだろう。

引きこもっているから時間はたっぷりある。なのに書けない。やはりコロナのせいだと思うことにした。真実は人と人とのつながり中にある。人とつながれなければ真実を描くことはできないのかもしれない。さあ、書こう。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何とか一次選考通過 [小説]

ある新人賞で一次選考を通過しました。234枚の時代小説です。

応募総数667作品中103作品が通過したそうです。四百字詰め原稿用紙200枚から400枚の長編小説が対象なので応募数はそれほど多くありませんが、約6倍を通過できたのは好運でした。

実は一昨年もこの賞に時代小説で応募しており、その時は二次選考も通過しました。その時点で488作品中16作品に残していただきました。長編ではこれが私の記録です。残念ながら最終選考の3作には残れませんでした。

前作も今回の作品も自分ではとても気に入っているので何とか世に出したいと思っています。でも、なかなか難しいですね。もちろん皆さん人生賭けて書いているのでしょうからそんなに簡単では困ります。

今回は応募数も200近く増えているからでしょうか、一次選考通過作も30ほど多くなっています。二次選考で何作まで絞られるのか分かりませんが、作品に宿る力を信じて祈るしかありません。

それより、来年1月中締め切りの作品頑張らないと。まだ1行も書けていない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

S社・B社W出版賞も落選しました。 [小説]

2つの出版社が共同で募集している文学賞か選考結果を知らせる封書が届きました。

応募したのは328枚のホラー小説でした。結果は選外でした。

入賞作品の紹介もあり丁寧な連絡をいただき感謝しています。文学賞の多くが応募の際にはメールで連絡をくれるようになりましたが、結果を文芸誌やホームページだけでなく、このように封書で知らせてくださるところは少ないです。

通知の中に「応募作品の書籍化をご希望の方は、作品講評をお出しすることも可能です」とありました。しかし、金賞、銀賞に選ばれなかったということは出版に値するような内容ではないということです。もうすこし自分の力を試してみようと思います。

現在、中長編3作(234枚の歴史小説、334枚のホラー小説、340枚のミステリー小説)、短編3作(ミステリーとショートショート)を応募中です。

新作の執筆はなかなか進みませんが、なんとか年内には目処をつけたいと思っています。もう10年間書くたびに挫折している長編です。小説の出来不出来より書き上げることが目標になっています(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

うーむ、また落ちた [小説]

2つの文学賞の結果が出ました。

どちらも一次選考を通過できませんでした。甘くないですね。

1つは応募数767編、一次通過125編。
もう1つは応募283編、一次通過24編です。

1本は旧作を書き直したものですが、もう1本はその文学賞を狙った新作でした。

他の賞で落ちた作品で応募するというのは怠慢だと誹る人もいらっしゃるかもしれませんが、自分としてはあわよくばそれで賞をというより、その作品で出会った登場人物たちを多くの人に知ってもらいたいという気持ちの方が勝っています。

私のように文学賞への応募しかしていない者には、人に読んでもらうには入賞するしかありません。自分にとってどんなに愛着のある登場人物も入賞して多くの人に読んでもらわなければ存在しないも同然です。

もちろん、短編の場合にはこのブログにも掲載しています。また「山田組文芸誌」という同人誌(サイト)でも紹介しています。ただ、登場人物への思い入れはやはり長編の方が強いのです。

拙作『桜田濠の鯉』をちよだ文学賞の千代田賞に選んでいただいたお陰で、主人公の少年鉄のことを知っていただくことができました。初めて私の作品を読んだ妻に「鉄の家族はどうなったの?」と聞かれたとき、ああ書いてよかったと実感しました。作品を読んでいただいた皆さんも、妻と同じように鉄の存在を感じてくださったことでしょう。ようやく鉄という人物を世の中に出せた。生かすことができた。これこそが小説を書く喜びなんだと実感しました。

旧作の主人公は江戸時代の僧侶、新作の方は現代の女子高校生です。どちらも大好きな人物なので世に出られないことが残念ですし責任も感じます。結局は私の力量次第ですからね。

5月から8月にかけて長編3本、短編(ショートショートも含めて)4本を書きました。これから年末にかけて4つの文学賞の一次選考の結果が出ます。その結果を待ちながら、1月末締め切りの文学賞に応募するため、長編を1本書き上げたいと思います。

さて、これから落選した作品を読みます。私はこれを「供養」と読んでいます。人に読んでもらえないのなら私が何度も読み直して次の作品につなげるしかありません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ちよだ文学賞の表彰式 [小説]

10月24日(土)に千代田区が主催する「第15回ちよだ文学賞」の表彰式に行ってきました。


20201027_115356.jpg
20201024_124300.jpg

拙作『桜田濠の鯉』がいただいたのは、大賞ではなく「千代田賞」です。「区の文化的、歴史的魅力をアピールした作品」に授与される賞だそうです。
大賞には絡めなかったようですが、それでも表彰式に呼んでいただき、作品集にも掲載されたので満足しています。
式は1時30分からでしたが、リハーサルを行うために12時45分集合でした。会場は九段下駅前の九段生涯学習館でした。
フェイスシールドやアクリルパネルを使い、万全の感染症対策のなかで式は行われました。緊張しましたけど、思い出に残る素晴らしい経験ができました。関係者の皆様ありがとうございました。

↓ 表彰式の画像は千代田区ツイート10月24日の記事をご覧ください。
https://twitter.com/chiyoda_city

大賞を受賞された中山夏樹さんはとても気さくな方でした。学生の頃は演劇サークルで役者をやったり脚本を書いたりしていたそうです。小説は定年退職後に始められたとか。まだ、5年のキャリアと聞きましたが、大賞の『異国の古書店』も素晴らしい作品です。最初の投票から選考委員の3人が同じ作品を選んだのは初めてだと先生方も高く評価なさっていました。

ちよだ作品集.jpg

第15回作品集は、区政情報コーナー(区役所2階)・三省堂書店神保町本店(神田神保町1-1)・東京堂書店神田本店(神田神保町1-17)等で販売しています。定価は500円です。

(情報)12月3日~5日に中山さん作・演出の『サイゴン陥落の日~約束は果たされるのか~』がせんがわ劇場で上演されるそうです。

↓ 『サイゴン陥落の日』(中山夏樹)原作(Kindle版)もちろん単行本もあります。

サイゴン陥落の日に

サイゴン陥落の日に

  • 作者: 中山 夏樹
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 2018/10/03
  • メディア: Kindle版

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

千代田賞(ちよだ文学賞)をいただきました! [小説]

な、なんと拙作『桜田濠の鯉』第15回ちよだ文学賞の千代田賞に選ばれました。

大賞は中山夏樹さんの『異国の古書店』という作品です。おめでとうございます。

私がいただいた千代田賞は「区の持つ文化的、歴史的魅力をアピールする作品に授与される」賞です。選んでいただいて光栄です。感謝しております。

書く作業というのは孤独なものです。どんなに心血を注いで書き上げた作品も誰にも読んでもらえなければ、この世に存在しなかったも同然です。自分の作品が誰かの心に届いて賞に選んでくださった。それだけでも書いた苦労が報われました。ありがたいことです。

ここだけの話、実はこの作品4月30日付け記事に「書き上げました!(文学賞応募のバタバタ)」と書いたものです。前日まで書き上がっていなくて徹夜で仕上げて締め切りギリギリの時間に郵便局に持って行きました。ろくに推敲もしていない上に宛名まで間違えて送ってしまいました。2度とこういうことがないようにと反省した作品だったのに、そういう作品が選ばれるとは分からないものですね。

拙作も大賞受賞作品、最終候補作品とともに作品集に掲載されるとのこと。作品集は10月26日(月)から千代田区役所2階の区政情報センター、三省堂書店神保町本店、東京堂書店神田本店などにおいて、定価500円で販売されるそうです。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初選評いただきました。 [小説]

ある文学賞で二次選考まで進み、初めて選評をいただきました。

観点別にABCの評価をしてくれていました。
独創性と文章は高い評価をいただきましたが、どうも構成力が弱いようです。

また文章での選評も丁寧に書いてくださっていて勉強になりました。

とにかく初めて選評をいただきましたのでとても嬉しかったです。指摘を無駄にしないように書き続けようと思います。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。