SSブログ

御礼『俺らってやっば天使じゃねえ?』公演 [戯曲]

5月9日(日)に座・劇列車の拙作『俺らってやっぱ天使じゃねえ?』公演が無事終了しました。

団員がそれぞれ声をかけて40名のお客様に来ていただきました。千葉県演劇連盟に加盟している団体の皆さんも来てくださいました。本公演『やまんば おゆき』に参加してくださる皆さんもいました。私の千葉市ミュージカルの仲間も応援に来てくれました。中には私の清水二中時代の同級生もいました。それから、この作品を最初に演じてくれた演劇部の顧問たちも応援に来てくれました。皆さん、まだまだ感染の危険が去らない中、御来場本当にありがとうございました。

そして、『やまんば おゆき』の演出福山啓子先生にもいらしていただきました。とても緊張しましたが観ていただくだけで感激でした。ありがとうございました。

喜劇なのにあまり笑ってはいただけませんでした。喜劇は難しいですね。ゲネを観たときにはかなり面白かったので自信があったのですが、まだまだ甘かったのかもしれません。団員は短い稽古期間のなか、ほとんど休まず稽古に参加してくれました。私の細かい演出にもしっかり反応してくれました。ですから団員のみんなにも感謝しています。ウケなかったのはひとえに作・演出の私の責任です。さらに精進してもっと笑っていただける作品を作りたいと思います。

私の書く戯曲はほとんどが喜劇ですけど、いつの間にか悲劇を連れてきます。今回の作品も神原家という家族が1億円の借金を抱えるという悲劇が喜劇の裏側に貼りついています。それは意識しているのではなくて何となくそうなってしまうのです。

世の中には誠実に一生懸命努力して生きているのに報われない人がたくさんいます。新型コロナウィルスの恐怖にさらされている今、状況はさらに深刻だと思います。でも、喜劇で笑われるのは決まってそんな人々です。

真面目に頑張っているのにどこかユーモラスな人たちは、つまり自分たちの写し絵です。人が必死になればなるほど、観ている人は可笑しくてたまらない。残酷なようですけど人は自分の写し絵を見てよく笑います。

話は少し逸れますが、欧米の道化師にはホワイトクラウン、オーギュスト、トランプ、ホーボーなどの種類がありますけど、ほとんどのモデルは浮浪者です。「クラウンClown」※というのは元々浮浪者を指す言葉です。「ホーボー」は鉄道をタダ乗りする人々のことです。鼻が赤いのは酔っ払っているから、口の周囲が黒いのは汽車の煤、口の周りだけ白いのは何かを食べたあと袖で拭ったからです。人々がクラウンやホーボーを観て笑うのは、1つ間違えば自分がそうなったかもしれない、どんなに頑張ってもいつかはああなるかもしれない、と自分と彼らを重ねて観るかではないかと思います。もしかすると子供が道化師を怖がるのは本能的に自分の人生に恐怖を覚えるからかもしれませんね。

「あいつ馬鹿だなあ」と大笑いすることで自らを客観化して少しは楽になれるのです。厳しい現実の枷をほんの少しだけ緩めることができるのです。お芝居のできることなんてそのくらいでいいと私は思っています。

 ※クラウンについて ちなみにCrownは王冠のこと。日本で道化師を「クラウン」と言わないのはある自動車会社に忖度したからだとか。「コロナ」も実は「Crown」と同じ王冠という意味の言葉です。皮肉ですね。

コロナ禍のなか、応援に来ていただいた皆さん、本当にありがとうこざいました。観に行きたかったけどコロナが怖くて行けなかったという皆さん、お気持ちはよくわかります。気にしないでください。

座・劇列車の次回作、『やまんば おゆき』は私のオリジナル作品ではありませんが、30年前に使った西田了先生の朗読劇の脚本をもとに私が脚色したものです。脚色にあたって演出の福山啓子先生。船津基先生に多くのご助言をいただきました。そのお陰でいい本に仕上がったと自負しております。

12月になればワクチンも行き渡り、今よりはコロナのことを忘れて生活できるようになるでしょう。

コロナ明けのお祭りだと思って観に来てくだされば嬉しいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

いよいよ明後日『俺らってやっぱ天使じゃねえ?』本番です [戯曲]

明後日『俺らってやっぱ天使じゃねえ?』本番です。

座・劇列車では演出はやりたくなくて、これまでは自作であっても固辞してたんですけど、小品だけは仕方なく引き受けていました。

以前、千葉でやった『白雨五人男女?(しらさめごにんおとこおんなはてな)』という作品以来2作目。
この公演は様々な芸事、日舞、三味線、お琴、ダンスなどの発表会だったので、お客様もそれらの芸事をやっている方ばかり。ミュージカル『コーラスライン』と『白浪五人男』をベースに『雨に唄えば』で踊り、『雨の慕情』を歌うというシュールな喜劇をどう受け止めてくれるかとても不安でした。

5つの役の中で、もっとも不安だったのは女子高生でした。60歳代の女性が女子高校生に見えるかどうかがこの芝居のキモでした。でも、たまたま楽屋が一緒になったダンスサークルの皆さんがあれこれと助言してくれたお陰で本番直前に素晴らしい女子高校生が完成しました。ほんとにどんなことがプラスになるかわからない。イベントに出るべきだし人とは交わるべきだとつくづく思いました。もちろん役者本人がなりふりかまわず貪欲に役を追求した成果でもあります。

結果はこんなにウケたことはないほどウケました。お客様の反応に役者もノリノリで、いつになくいいパフォーマンスを見せていました。役者と観客の相乗効果って大切ですね。役者の頑張りが見えれば、お客様も応援してくれます。

さて、今回の『俺らってやっぱ天使じゃねえ?』はどうでしょうか?

キャストがマスクを着けている変なお芝居。その上、ホールは音響が悪い。舞台を使うと何を言ってるのか伝わらないので、下でやります。そうなるとお客様から見えづらい。ソーシャルディスタンスをとって、しかも舞台が見えるようにするには40人が限界。そんな制約の中でどんな芝居になるのやら。

本番には『やまんば おゆき』を演出してくださる福山啓子先生も来てくださるそうです。嬉しいけどプレッシャー。他のお客様もほとんどミュージカルの常連とか小劇団の主宰、あるいは演劇部顧問。
そんな通ばかりの前で演じるのかあ。

と私は思っているんですけど、意外に他のキャストは意に介さないようで落ち着いています。

さあ、どんな公演になりますか。終演後にレポートしますね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

てるこ姫七変化!~『東金レットイットビー』 [戯曲]

てるこさんが拙作『東金レットイットビー』を、なんと1人7役で演じてくださいます。

期日 2月5日(一場)、19日(二場)、3月5日(三場)の3回

時間 午後7時30分~8時
   YASSAWAVE『ブルボンまゆみの政子まけないわよ』番組内での生放送です。

「YASSAWAVE」は千葉県東金市のローカル・インターネットメディア局です。

スマホ(WALLOPアプリ)、パソコンで観ることができます。

パソコンの場合はこちらから↓

http://www.yassawave.com/

てるこさんも、番組パーソナリティーのブルボンまゆみさんも、千葉市民創作ミュージカルのメンバーです。

この作品はブルボンさんから番組用に「恋愛」をテーマにした朗読劇をと依頼されて書きました。

昨年の8月7日、21日に県内で活躍している俳優さんたち11人が、2チームに分かれて演じてくださいました。その様子はYouTubeでもご覧いただけます。

8月7日組
https://youtu.be/Dga7xQzXlJ0

1612337787911.jpg
1612337799533.jpg

8月21日組
https://youtu.be/fjtjevBpn9k

1612337977430.jpg

てるこさんも21日組の出演者として、古稀の葵という役を実に愛らしく演じてくださいました。

その後、朗読会で1人7役を演じてたいへん好評だったと聞いておりましたので、ぜひ拝見したいと思っていました。ですから今回拝見できることをとても嬉しく思っています。

てるこ姫七変化、ぜひご覧ください。


ここで作品の舞台となる東金の八鶴湖について少しだけ。

1614年(慶長19年)、徳川家康は土井利勝に命じて船橋を経由して九十九里に達する「御成街道」を整備させました。

「御成街道」にはいくつかの御殿がありましたが、終点近くの最後の造られたのが「東金御殿」でした。三方を「鴇が峰(ときがみね)」という丘に囲まれており、盆地には「とき池」という小さな池があったそうです。東金御殿の眺望のためにとき池は拡張され周囲約800メートルの池になりました。人々はこの池を「谷池(やついけ)」「御殿池」などと呼んでいました。幕末の詩人遠山雲如という人が「八鶴湖」と名付けたそうです。

1612338124092.jpg

「東金(とうがね)」という地名の由来は「鴇が峰」だとも言われています。

現在「東金御殿」の跡地には県立東金高等学校が立っています。

1612338151188.jpg


春になると湖畔の300本のソメイヨシノが咲いて「東金桜まつり」が催されます。また、他の季節にもツツジ、ハナショウブ、ハス、アジサイなど四季折々の花が咲いています。

湖畔にある「八鶴亭(八鶴館)」は北原白秋、伊藤左千夫にも愛された明治期創業の老舗旅館です。大正から昭和にかけて造られた建物は国の登録有形文化財。先日、あるドラマの舞台としても使われていました。

鴇が峰の丘の上には最福寺、大漸寺という古刹があり、階段さえ苦にならなければ一見の価値ある立派な堂宇を見ることができます。
湖畔の遊歩道を上がると「山王台公園」があり、晴れた日には九十九里平野と太平洋を観ることができます。日の出を観るスポットとしても知られています。
東金駅から徒歩約10分(約500メートル)、コロナ明けにぜひ散歩にいらしてください。
近くの旧道沿いにはカステラパンで有名な木村屋、作品の中にも出てくるくず餅屋がありますよ。

1612337809066.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

天女はどこに?~千葉市民創作ミュージカル無期延期 [戯曲]

第2回千葉市民創作ミュージカル千年天女』が無期延期となりました。

一昨年「第2回千葉市民創作ミュージカル原作大賞」に応募した拙作『千年天女』が大賞をいただき今年の6月に上演予定でした。3月からは新型コロナウィルスの影響で稽古が中止になり、その後上演も延期となっていましたが、来年の上演についても難しいという判断が下り、無期延期となりました。

今の状況を考えると50人以上の人が狭い稽古場で歌ったり踊ったりお芝居をしたりするというのはとても難しいことです。ましてプロの演劇人ではなくあくまで全員が市民ですから、今回の判断は仕方がないことだと思います。

脚本も私が書かせていただきましたが、ミュージカルの台本など書いたことがありませんでしたので、演出の小笠等響先生が手直しをしてくださいました。歌詞はすべて小笠原先生に書いていただきました。

作曲は日高哲英先生歌唱指導は横洲かおる先生振付は小林真梨恵先生がそれぞれ担当してくださり、オーディションで選ばれた出演者の皆さんも熱心に稽古に取り組んでいました。私も出演者の一人に加えていただきました。

小笠原先生作詞、日高先生作曲の楽曲はどれも素晴らしいものばかりです。横洲先生の歌唱指導も進み、参加者の歌声がそろってくると心が震えるほどの感動を覚えました。

読み合わせが終わり、立ち稽古に移行したばかりの時に稽古が中止になりました。とても残念です。

県庁の近くに羽衣公園という公園があります。かつてここには池田という大きな池があり、季節になると蓮の花が水面を飾ったそうです。あまりの美しさに天女が舞い降りて、千葉氏の元祖とも言われる平常将と結婚したという伝説が羽衣公園の松の傍らに書かれています。

千年天女』はこの伝説をもとに書きました。常将と結ばれた天女がそのまま千年のあいだ地上にいて人々が平和を求める姿を見守り続けたという物語です。天女の願いが叶い日本は70年に渡って平和でした。しかしそのあいだも世界のどこかでずっと戦争は続いています。

そしてこの新型コロナウィルス。

天女は何を思うのでしょうか。

トンネルの暗闇には光が必要です。どんなに遠くでも出口の光が見えていれば挫けずに進むことができるものです。

千年天女』の上演が私にとっての希望の光です。新型コロナ禍という暗闇を抜けて千葉市民ミュージカルという祭りをみんなで楽しみましょう。それはかつて池田の池の周りで蓮の花を愛でた踊った民衆の姿でもあります。彼らもまた戦が終わったときには平穏な日々を祝って踊ったことでしょう。

千葉市民ミュージカルのグループLINEにはまだ46人の仲間が残っています。彼らも私も希望は失っていません。

実行委員会、文化振興財団の皆さんも上演に向けて努力してくださっています。

千葉市民ミュージカル千年天女』いつの日か上演することを信じて今日もまたお風呂で歌います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

YouTubeで『東金レットイットビー』をご覧いただけます(2) [戯曲]

以前、8月7日にインターネットメディア「ヤッサウエーブ」で放送された
『東金レットイットビー』
の動画をブルボンまゆみさんがYouTubeに上げてくれたことを紹介しましたが、続けて8月21日分も上げてくださいました。

どちらの回にも出ていらっしゃる役者さんもいますが配役は変わっています。同じ作品でも配役によって雰囲気が違うものです。ぜひ両方を比べてご覧ください。

7日の方はハンドマイクを使ったり、くず餅を食べたりと朗読しづらいところもあったようです。21日はそれらのことを改善して臨んだようですが、今度はマイクの不具合であおいの声が聞こえないというトラブルがありました。YouTube版では取り直した映像に差し替えて編集してくれてあります。ライヴのドキドキもなかなか捨てがたい魅力がありますけど、編集したものは落ち着いて見ることができますね。キャストの皆さんの気持ちのこもった演技は観る人に必ず何かを伝えるだろうと思います。改めて拙作に命を吹き込んでいただきありがとうございました。

ヤッサウエーブのスタッフの皆さん、脚本のオファーをくださったブルボンまゆみさんにも感謝しています。

YouTubeでご覧になりたい方はこちら(「ヤッサウエーブ」「東金レットイットビー」8月21日)↓

https://www.youtube.com/watch?v=fjtjevBpn9k

脚本をお読みになりたい方はこちら(「はりこのトラの穴」)↓

https://haritora.net/script.cgi?writer=6656
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

YouTubeで『東金レットイットビー』をご覧いただけます [戯曲]

8月7日にインターネットメディア「ヤッサウエーブ」で放送された
『東金レットイットビー』
の動画をブルボンまゆみさんがYouTubeに上げてくれました。

たった4回のリモート稽古、しかも声だけの稽古でしたが、さすがに様々な演劇シーンで活躍しているキャストの皆さんだけあって、拙作にしっかりと命を吹き込んでくれました。ありがとうございました。

「ヤッサウエーブ」のキャスター、ブルボンまゆみさんからの「恋愛」をテーマにした朗読劇というオファーをいただき、今まで一度も書いたことのない苦手なテーマながら挑戦してみました。

非常事態宣言の少し前に、友人(女性)が初恋の人に会いに金沢に行ったという話を聞いたばかりでした。もちろんご主人と娘さん2人も一緒です。SNSには彼女と娘さん達が浴衣姿で舞い踊り、その中心に初恋の人とご主人が居心地悪そうに座っているなんとも微笑ましい写真が上がっていました。この話を種にしてこの作品を書きました。

コロナ禍によって人と人のつながりが断たれました。コロナ禍の間に敬愛する先輩が2人亡くなりましたが、どちらも後日奥様からのメールや葉書で知らされました。誰にでももう一度会いたい人はいます。でも、いつかは会いに行こうと思ってついつい先延ばしにしている。このままだと一生会えないかもしれない。コロナが収束したら必ずあの人に会いに行こう。そんな思いを作品にしてみました。

50年前に我を張って別れてしまったあおいに会うためにヒロシは鹿児島からやって来ます。会えなければ帰ろうと思った最後の日、奇跡的にあおいが八鶴湖湖畔に佇んでいました。

コロナ禍でつらい思いをした人がたくさんいます。今も戦っている人もいます。そういう時だからこそ、たくさんの奇跡が起こってほしいと願っています。

YouTubeでご覧になりたい方はこちら(「ヤッサウエーブ」「東金レットイットビー」8月7日)↓

https://www.youtube.com/watch?v=Dga7xQzXlJ0

脚本をお読みになりたい方はこちら(「はりこのトラの穴」)↓

https://haritora.net/script.cgi?writer=6656

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

座・劇列車公演延期のお知らせ [戯曲]

私が脚本を担当していました四街道市民劇団座・劇列車の第31日回公演『やまんばおゆき』は残念ながら延期となりました。
今から30年前、浜野卓也作・箕田源二郎絵の同名の新作童話を元に、西田了先生が朗読劇として脚本を書き、四街道市民が演じたのがこの作品です。この時の上演がきっかけで四街道市民劇団座・劇列車は生まれました。

ちょうど30年目の今年、『やまんばおゆき』を再演しようということになり、私が朗読劇を普通の芝居の脚本に書き直しました。その後、青年劇場の福山啓子先生、船津基先生に演出をお願いすることなり、先生方のご指導により、さらに脚本に修正を加え、自分で言うのもなんですが、なかなか面白い脚本に仕上がりました。

30周年なのでお祭りにしようと、かつての劇団員にも声をかけ、また市民の皆さんにも参加をお願いしたところ、13人の方に参加していただけることになりました。そのうちの3人は30年前にも役者として出演した方々です。

しかし、そんな折に非常事態宣言で稽古ができなくなりました。ようやく解除されても、歌うことは禁止、大声を出さない、連続使用は2時間までという厳しい制約がありました。それでも、公民館から特別に本の読み合わせだけは許していただき、何とか稽古を再開しました。

演出の先生方は稽古の度にわざわざ東京から足を運んでくださいました。5回の稽古では丁寧にご指導をいただき、ようやく脚本の最後まで見ていただいたところでした。稽古は中断しましたが公演が終わるまでは面倒を見てくださるそうです。本当に感謝しかありません。

今のところ来年の12月に『やまんばおゆき』の公演を行う予定です。その時までにはコロナ禍が終息し、何の心配もなくお芝居を観ていただけるようになっていると信じています。皆さんもそれまでどうかご無事でお過ごしください。

nice!(0)  コメント(0) 

『東金レットイットビー』放送されました。 [戯曲]

7日(金)、拙作『東金レットイットビー』(朗読劇)がインターネットメディア局「YASSAWAVE」で放送されました。

見逃した方は来週金曜日にリピート放送があります。またキャストを変えて21日にも生放送されます。ぜひ観てください。よろしくお願いします。

時間は19時30分~20時。

「ブルボンまゆみの政子には負けないわよ」という番組です。

なお「YASSAWAVE」の視聴は「yassawave.
com」で検索してください。ホームページ上の黒い画面をクリックしてください。視聴は無料です。ネットに接続しているパソコン、スマホ(iPhoneのみ)でご覧いただけます。

↓八鶴湖での稽古風景
「こんにちは、そろそろですね」
「あっ、あなたはヒロシさん?」

1596853314112.jpg

↓スタジオでの生放送
「まだ俺と一緒になる気はあるか」
「当たり前じゃない」

1596853318786.jpg

↓7日組キャストの皆さん。
お疲れ様でした。

1596853299146.jpg
↓物語に登場する台方のくず餅屋さん。
美味しいですよ。

1596853316250.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

『東金レットイットビー』(朗読劇)稽古開始! [戯曲]

拙作『東金レットイットビー』(朗読劇)インターネットメディア局「YASSAWAVE」で放送されることは先日お伝えしました。

8月7日(金)と21日(金)の2回キャストを少し変えて上演します。

どちらの回も稽古の一回目を終えました。LINE電話を使っての稽古でした。達者な演者の皆さんによって自分の作品に命を吹き込まれる瞬間は緊張もしますが、とても感動的でもあります。

役者さんたちはそれぞれが様々な演劇シーンで活躍している皆さんです。個性的で存在感のある演技はとても魅力的でした。

あんまりステキなので、ついつい細かなことを言いたくなってしまいます(笑)

とにかく初めての稽古とは思えない出来映えでした。本番は素晴らしいものになるに違いありません。ぜひご覧になってください。ただし朗読劇なので動きの演技はありませんので、よろしくお願いします。

時間はともに19時30分~20時。

「ブルボンまゆみの政子には負けないわよ」という番組中の生放送です。

なお「YASSAWAVE」の視聴は「yassawave.
com」で検索してください。ネットに接続しているパソコン、スマホ(iPhoneのみ)でご覧いただけます。

↓ 東金市の「八鶴湖」が舞台です。

1595253458751.jpg
1595253450263.jpg

この写真は7日上演組の杉平政子さんが上げてくださった最近の八鶴湖の様子です。蓮の花も咲いていますね。下の写真の奥に見える白い建物は東金高校だそうです。東金御殿の跡地です。あの辺りから家康や家光が湖を眺めていたんでしょうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

朗読劇『東金レットイットビー』放送決定! [戯曲]

拙作『東金レットイットビー』(朗読劇)インターネットメディア局「YASSAWAVE」で放送されることになりました。

8月7日(金)と21日(金)の2回キャストを少し変えて上演します。

時間はともに19時30分~20時。
「ブルボンまゆみの政子には負けないわよ」という番組中の生放送です。

キャストは演劇、ミュージカルで活躍なさっている方ばかり。素晴らしい上演になること間違いなしです。

なお「YASSAWAVE」の視聴は「yassawave.
com」で検索してください。ネットに接続しているパソコン、スマホ(iPhoneのみ)でご覧いただけます。

この作品はもともと番組パーソナリティーのブルボンまゆみさんからの依頼で書いたものです。私が最も苦手とする「恋愛」がテーマでしたのでかなり苦戦しました。でも今回書かせていただいたことで少しだけ苦手を克服できたように思います。「恋愛」どんと来い!
20200320_155926.jpg20200320_160204.jpg
舞台は東金市にある八鶴湖湖畔。「YASSAWAVE」のお膝元です。八鶴湖は徳川家康が九十九里で鷹狩りをするために作られた御成街道沿いにあります。今の東金高校のあたりに東金御殿という休息所があり、御殿の前に人口の池が作られたのがこの八鶴湖です。今は桜の名所です。
湖畔の大漸寺には義父の墓があるため、30年近く前から毎年八鶴湖を訪れています。桜の季節だけでなく、四季を通じてとても気持ちのよい場所です。
話は逸れますが、私の友人(女性)が先日初恋の人を訪ねて金沢に行きました。御主人と娘さんたちも一緒でした。そのことを今回のキャストの一人に話すとその人も初恋の人に会いに鎌倉まで行ったそうです。コロナ禍でみんな絶対に会っておきたい人を意識したと思います。今回の物語もそういう話です。あなたは今誰に会いたいですか?
御視聴よろしくお願いいたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。