SSブログ

第40回MMTパントマイム定期公演を観てきました。 [観劇]

10月26日土曜日
やまさわたけみつ先生が主宰なさっているMMTパントマイムの公演2日目に行って来ました。
会場は横浜のSTスポットでした。

mmt2019chira.jpg

プログラム

「カオスの振り子」 演者 やまさわたけみつ・細見玲子

師弟で演じる抽象的なマイムでした。マイムのテクニックをふんだんに盛り込んだ作品です。やまさわ先生とMMT卒業生の細見さんの息の合った演技に魅了されました。やまさわ先生がこのような作品を演じるのは珍しいことです。新しいものに挑戦なさる先生の勇気に感動しました。

「無限のあ・い・だ」 演者 細見玲子

マイムと舞踏の「あいだ」にあるような不思議な作品でした。細見さんの身体が架空の狭い隙間を通ったり、指や股の「あいだ」を自身が通り抜けようとしたり、とにかく「あいだ」にこだわった作品であると感じました。後半は半熟の言語のようなものを発していました。これもマイムと言語の「あいだ」なのでしょうか。美しい作品でした。

「蝶」演者 やまさわたけみつ
蝶をとって遊ぶ少年の物語です。やまさわ先生が続けて演じていらっしゃる作品ですが、見るたびに深みを増しているように感じます。蝶の小さな命を通してすべて生命の尊さを実感させてくれる作品です。いつまでも少年を演じることができる先生に感謝です。

「船旅」演者 やまさわたけみつ

船で旅をする男の話です。船の揺れの表現と船酔いした男の描写が見事です。「蝶」のような真面目な演目もいいのですが、こういう楽しい作品もやまさわ先生の魅力です。

※※※※※※※※※※※※

やまさわ先生は定番の作品を何度も繰り返し演じていらっしゃいます。これは先生の師匠であるマルセル・マルソーに倣ったそうです。「蝶」も「船旅」も何度も観た作品ではありますが、観るたびに先生の表現が細かくなっているように感じます。それは観ている方もまた深く作品を観られるようになっているからです。これはマイムならではのことだと思います。小さな会場に集まった観客が先生の1つ1つの動きに集中して、そこに濃厚な空間を作り出します。やがて演者とキャクラクターがひとつになって心の底まで透けて見えるようになります。人の心が見えるという不思議な感覚です。ですから少なくともやまさわ先生のマイムは、観客が集中して繰り返し観ることでさらに輝きを増すのだと思います。

※※※※※※※※※※※※

10分間の休憩。

『ゴドーを待ちながら』より -あなたは誰を待っていますか?-

原作 サミュエル・ベケット
構成・演出 やまさわたけみつ・徳富敦
舞台監督 玄希

ウラジミール やまさわたけみつ
エストラゴン 細見玲子

ポッツォ 川島ともこ
ラッキー 青木祐二

一本の木の下でウラジミールとエストラゴンがひたすらゴトーという人物を待っている。
このベケットの不条理劇をどうやってマイムで演じるのだろう?
この作品を観るためにもう一度「ゴトー」を読み直してみました。久しぶりで読んだのですが、やはり私ごときには理解不能な作品です。

でも、演者たちは実に見事に演じてくれました。むしろセリフがない分、分かりやすかいと感じました。思うに「何かを待つ」という行為はそれだけで完結しているのかもしれません。ウラジミールとエストラゴンが忙しないやりとりの間に何度か見せる「待つ」表情だけで観ている私は深い何かを感じてしまうのです。

1年ぶりのマイム公演でした。やっぱりマイムはいいなあ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『文芸誌 山田組』第2号完成! [その他]

『文芸誌 山田組』の第2号がめでたく完成いたしました。やったー!
FB_IMG_1569993399903.jpg
FB_IMG_1569993407189.jpg
創刊号の内容はこちらでご覧ください。
今回のテーマは「黄昏」。
編集担当に言わせると今回は暗い話が多いらしい。黄昏だけに……ん?じゃあ前回の「ぬばたま」はどうだったんだよ。髪とか夜とか暗いものに掛かる係り結びじゃん。真っ暗じゃんか。
あまりに暗いので、準会員のメンタルトレーナーによる黄昏れてる人へのアドバイスも掲載したとか。それいいじゃん。レギュラーでやってもらおうよ。
そらから知り合いに東海道五十三次歩いている人いるじゃん。紀行文書いてもらおうや。
じゃあ次のーマは「旅」ってことで。
え? 先を急ぎすぎ?
あのね、僕の少ない経験から言わせてもらうと
同人誌は3号が出るかどうかが最初の関門なの。冬号頑張って出そう。オーッ!

nice!(0)  コメント(0) 

膝が!! [その他]

先週の火曜日辺りから右膝に痛みを感じるようになりました。でも、大したことはないだろうと妻と出かけたり仕事にも行きました。

でも、水曜日の夜から痛みがひどくなって、とうとう歩けなくなってしまいました。

整形外科に行き診察を受けたところ右膝内側の靱帯が炎症を起こしているということでした。注射を打ってもらい、炎症を抑える薬と湿布薬を処方してもらいました。

すぐには効きませんでしたけど、2日目あたりから痛みがとれて来て。今は朝起きたり膝を捻ったりすると痛むくらいです。

医者から「何かいつもと違う運動しましたか?」と聞かれましたが、心当たりがありませんでした。毎日ストレッチやスクワットなどをやり、なるべく歩くようにしていましたけど、それが原因とも思えません。

しかし、歩けないというのは本当につらい。せっかく始めた「ドラクエウォーク」も全く進んでいません。たまたま仕事が休みの期間で本当によかった。

60歳過ぎると何があるか分かりませんね。シルバーの皆さんくれぐれも気を付けてください。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。