So-net無料ブログ作成

etc. [詩]

etc.      高平 九

ボールが一つ転がった。台風に裸にされた木々の下のベンチで、老人の細い手がそ
れを拾い上げる。「これはあんたの宝ものかい。」ボールの後を追ってきた少年に
老人は聞いた。「あんたの人生にはな、これより大切なものは二つしかない。それ
は、恋と死さ。後はすべてエトセトラだ。」「えとせとら?へんなの。」駆け去る
少年を静かな笑みが見送る。私もそれにならう。少年が父親らしい男のもとに行き
着くのを見届けてから振り返ると、いつの間にか老人の隣に寄り添う白い老婆があ
り、小さな顔が老人に頬ずりをするところだった。「待たせたわね。」はにかみな
がら、くすぐったそうに身をよじる老人。「人生に大切なものはお前だけだった。
あとは」老婆が引き継いで「エトセトラですね。」二人は声を上げて笑う。そこへ、
またボールが転がった。だが、それを拾い上げる手は、もうなかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0